Archive for 5月, 2016

治療薬の種類にあるバルトレックスと血友病性関節症

世の中に出回っているヘルペス治療薬の種類は数多くありますが、中でも信頼性の高い治療薬としてバルトレックスがあげられます。バルトレックスは先発医薬品の種類に分類されます。多くの医療機関でヘルペス治療に使われている、高い効果が望める医薬品です。
バルトレックスにはジェネリック医薬品も存在します。ジェネリック医薬品は先発医薬品と同じ成分が配合されており、同様の効果が期待できる医薬品として注目されています。ジェネリック医薬品も種類が豊富で、後発医薬品であることと、製造している国の特徴から、バルトレックスよりも安価に入手できることが多くあります。
日本国内においてジェネリック医薬品を利用するには、輸入代行業者を通じて入手する手段があるものの、偽物の薬が多く出回っていますので、安易に購入するのは危険です。
ヘルペス治療は保険が適用されますので、病院のバルトレックスによる治療でも、安く済みます。積極的に病院で診断を受けるようにしましょう。
ヘルペスは人から感染することで発症することのある病気ですが、遺伝が原因で発症する病気に血友病性関節症というものが存在します。関節の内部で出血を頻繁に伴う病気で、特に膝や足、肘関節に症状が多く見られます。股関節や肩関節にも発生する例は珍しくありません。
血友病性関節症の特徴として、血友病Aと血友病Bの2つの種類が存在することがあげられます。血友病Aは血液凝固第VIII因子の欠乏、血友病Bは第IX因子の欠乏が原因となります。血友病性関節症はX染色体の連鎖劣性遺伝に関係する病気ですので、ほとんどの患者が男性です。
静脈注射で凝固因子を注入することにより、出血を抑える治療方法などがあります。