Archive for 4月, 2016

感染するb型肝炎・ヘルペスのかゆみとバルトレックス

b型肝炎ウィルス(HBV)は、HIVよりも感染力が強いです。b型肝炎にかかると、肝臓の細胞が破壊されて肝臓の機能が低下します。急性の症状ならば数ヶ月ほどで治りますが、慢性肝炎になってしまうと、肝硬変・肝臓ガンなどの重篤な症状を引き起こすこともあります。
日本人でb型肝炎にかかるのは、海外旅行者が多いです。アジアやアフリカなどの発展途上国に旅行に行き、風俗店などで性行為を行った際に感染リスクが高くなると言われています。
日本人の感染者は130万人以上と推定されていますが、世界的にみると感染者は3億5千万人以上と多いです。日本では母子感染によって患者数が増えているようです。
1986年に母子感染を防ぐための事業ができ、妊娠検査が実施された後は患者数は減少傾向にあります。
性交渉による感染経路は様々で、セックス・オーラルセックス・アナルセックス、で感染します。男性でも女性でも感染する可能性があるので、注意が必要です。
性交渉によって起こる感染症では、ヘルペスも多いです。口唇ヘルペスや性器ヘルペスでは、かゆみや痛みを伴う水ぶくれができます。最初の感染症状では、かゆみよりも痛みが激しく、排尿困難や歩行困難を伴うこともあります。再発時はかゆみに悩まされるケースが多いです。
バルトレックスは、ヘルペスの再発予防薬として使われています。バルトレックスはヘルペスウィルスの増殖を防ぐことで、症状がひどくならないように抑える効果もあります。また、神経細胞に潜伏したウィルスの増殖を防ぎ、再発を防止する効果もあります。
バルトレックスを使っていれば、再発の回数を最小限に抑えて、普通に近い生活に近づけることができます。