Archive for 5月, 2015

性器ヘルペスと口唇ヘルペスの違い

ヘルペスというのは、ヘルペスウイルスと呼ばれるウイルスによって感染する病気であり、水ぶくれのようなものが患部にできるのが特徴となっています。大きくは発症する部位によって、性器ヘルペスと口唇ヘルペスというものに分かれます。
この2つの違いですが、単純ヘルペスウイルスと呼ばれているもののなかには、実は1型と2型という2つのタイプがあり、口唇ヘルペスのほうは1型が、性器ヘルペスのほうは2型が原因となって発症していることが多いといわれています。
しかし、どちらもヘルペスウイルスであることにかわりはないため、例えば性器ヘルペスは性行為によって感染するのが一般的で、性器そのものに水ぶくれができるなどすることが多いものの、オーラルの行為で口に感染してしまうといったことも、最近ではめずらしくはなくなっています。
ヘルペスウイルスに感染したからといってかならず発症するわけではなく、また発症しても放っておけば3週間程度で自然に治癒することもないわけではありません。しかし、特にはじめてこの病気にかかった場合、水ぶくれの痛みが強烈であるほか、発熱や患部の近くのリンパ節が腫れるなどの症状をともなうことも多く、やはり適切な治療を施すのが最善といえます。
こうした場合には、バルトレックスのような抗ウイルス薬を内服するのが有効とされています。バルトレックスの有効成分には、ウイルスの増殖をさまたげる作用があるため、通常であれば内服をはじめて1週間以内には症状が快方に向かいます。
なお、ヘルペスウイルスは感染力が強く、女性のおりものなどにも存在しているため、性行為の相手など、他の人に病気をうつさないようにするという意味でも、やはりバルトレックスの内服が薦められます。